Monthly Archives: 6月 2013

レンタル倉庫関連

レンタル倉庫業者の行ってくれること

レンタル倉庫を借りるというと、長期間預けなければならないと思っている方もいるようですがそうでもないこともあります。
長期出張や家の増改築で荷物を一時的に預けたい場合などにも対応してくれます。

ここではそういったレンタル倉庫の利点を書いてみたいと思います。
レンタル倉庫は運送屋あるいは引越し業者や不動産屋が経営しているところも多く、
そのまま引越しの手配まで行ってくれたり、荷物の運び入れをしてくれるところもあります。

預けたものがいよいよ廃棄処分となった場合、その面倒な廃棄をレンタル倉庫運営側が行ってくれることもあります。
ダンボール一つから預けられるところもありますし、
ダンボールにいれた荷物を自宅から送るだけで預かってくれるところもあります。

自分の荷物量に合わせた広さを借りられるため、無駄スペースができることも少ないのです。
以上がレンタル倉庫の利点です。意外に色んな事を行ってくれるのです。上手く利用するととても便利なものなのです。

レンタル倉庫関連

レンタル倉庫に預ける前の準備

レンタル倉庫に預ける際の準備。詳しくみていこうと思います。

衣類・布団類は洗濯・日干しをし、衣装ケース・圧縮袋などにいれる。
怠るとカビや虫食いの発生に繋がります。冷蔵庫・洗濯機はしっかりと水気を取り、ホコリ避けのためカバーをかける。
ストーブは中身を空っぽに。そしてカバーをかける。テレビは液晶画面が傷つかないよう保護する
。上記のような地震などで倒れると破損が考えられる物は、動かないよう固定する。
小物類や書類などを入れるダンボールは新しいもの、良いものを使う
。使い古されたものは、カビや虫食いがしやすいのでご注意を。

レンタル倉庫から出し入れするのに苦労する重いものや大きいものはキャスター付台車などに乗せて保管しておくと、楽になります。
家具などはそのままレンタル倉庫に預けるとあっという間にいっぱいになってしまうので、
できるなら解体して幅を取らない形にしましょう。

湿気取りをレンタル倉庫内に置いておく、定期的に空気の入れ替えも大切なことです。

保管方法

レンタル倉庫関連

レンタル倉庫に預けたものの管理

レンタル倉庫は普段の生活には不要なものを預けられるのでとても便利ですが、
要らないものが出てきたからと、そのまま預けてしまうとその物の状態が劣化してしまう恐れがあります。

定期的に取り出すものであれば、それも防げますが自宅以外のところに預けるくらい不要なものですから、
預けっ放しになることが多いです。家のクローゼットの中に着ないけど入れっぱなしの服があり、
出してみたら虫食っていたという経験はありませんか。それと同じ事が、レンタル倉庫内でも考えられます。

レンタル倉庫に預けるものの劣化を防ぐためにも、預ける際にちゃんと準備する必要があります。
面倒に感じるかもしれませんが、多くのレンタル倉庫は預けられた物品の劣化などまで保障はしてくれません。

あくまで、預かっているだけなのです。自分の物の管理は自分でしっかりと行うようにしましょう。
それが不安ならば設備が整っているレンタル倉庫を借りることをおすすめします。