レンタル倉庫関連

レンタル倉庫 まとめ

さて、レンタル倉庫について書いてきました。
レンタル倉庫といってもいろいろなタイプがあり、また、預けられるものも制約があったりしました。

レンタル倉庫は部屋に入りきらない、または置いておきたくないものを預けれられるのはとても便利です。
ですが、要らないものを預けて、そのまま取りに来ないという事例もあるそうです。

そうならないように気をつけてください。もう使わないものは捨てる、あげてしまうなどをしましょう。
それとなるべく自分の収納スペースに納まる荷物の量になるよう、買い物や趣味を押さえましょう。

それでも荷物が溢れてしまうのであれば、レンタル倉庫を考えてもいいでしょう。
ですが、レンタル倉庫を借りるのにもお金が必要であり、その分出費が増え自分の使えるお金が減るということでもあります。
よく考えましょう。
ですが、何度も言いますが上手く利用すればとても便利なものです。一つの選択肢として、考えているのはいいと思いますよ。

レンタル倉庫関連

ルームタイプのレンタル倉庫

次に、ルームタイプのレンタル倉庫です。
ビルの空きフロアをパーテーションなどで区切り、収納スペースにしているタイプです。

防犯カメラなどの防犯システムもついていますし、コンテナタイプのように上げ下げすることもないので、
普通24時間出し入れ自由な所が多いです。

また、空調管理もしっかり行っている所が多く、品質管理にもルームタイプの方が向いていると思います。
ですが、収納スペースをぎりぎりまで確保しているため出し入れ口は狭く、大きなものは収納が難しいです。

また、設備費用などコンテナタイプよりかかってしまうため、借りる値段は高い傾向があります。
書物や衣服など、品質が気になるものはルームタイプのレンタル倉庫が良いかもしれません。

2つのタイプにはそれぞれメリット・デメリットがあります。自分の預けたいものや量により、
どちらのタイプのレンタル倉庫がいいのか見当してみるといいでしょう。一度、見学に行ってもいいかもしれませんね。

レンタル倉庫関連

2つのタイプのレンタル倉庫

レンタル倉庫には大きく分けて二つのタイプがあります。
コンテナボックスタイプとルームタイプがあります。

ここでは、コンテナボックスタイプについて記したいと思います。
コンテナボックスはそのままコンテナが積み重なって出来たレンタル倉庫です。

室内・屋外ありますね。ここでは室内タイプを見てみたいと思います。
事前予約で自分が借りたコンテナを下まで移動させてくれ、荷物を出し入れします。

コンテナ前面が開くため、大きな荷物も楽々入れられます。車の横付けも可能ですから、出し入れが楽ですね。
ですが、コンテナを積み重ねて保管しているだけですので、気温湿度の影響は直に受けます。

また、コンテナを上げ下げする必要性があるため、急に行っても荷物は預けられないのがデメリットです。
ですが簡易的な分、お値段は安いです。季節ものや、使用頻度の低いものを預けるのにはいいと思います。

あまり出し入れしないのでしたら、コンテナボックスタイプのレンタル倉庫の利用をおすすめします。

レンタル倉庫関連

意外なものを預けられるレンタル倉庫

レンタル倉庫は通常、預けられる物が決まっています。
それは、預けられない物の所で記したような物は大抵のレンタル倉庫は預けられません。
けれども、中にはこんなのも預けていいの?という物を預かってくれる所があります。

それは、美術品や毛皮のコートなどです。どちらも湿気に弱く、温度・湿度などの気温管理が難しいものです。
家の中でも品質を保ったまま、保管しておくのが難しいですよね。

でも、通常のレンタル倉庫は気温管理など行っていないところが多く、
預けられる物の品質管理は自分で行うのが当たり前になっています。

ですが、この美術品や毛皮を預かってくれるレンタル倉庫もあるのです。
預ける品により、温度・湿度を調節してくれ品質を保ったまま預けられます。

とてもありがたいですよね。温度・湿度などが管理されていると普通の衣服や書籍なども預けても安心です。
町でよく見かけるレンタル倉庫よりも値段は上がりますが、劣化しないで預けられるのでしたら安いかもしれませんね。

レンタル倉庫関連

レンタル倉庫の利用法

レンタル倉庫はいつでも好きな時に利用できるのが大きな利点といえます。
また、管理人など常に人がいる所は少ないため、誰にも見られずに利用することもできます。

レンタル倉庫は場所によっては1畳くらいの広さがあり、人が寝ることもできます
。皆さんは、レンタル倉庫で寝起きしている人がいるという話を聞いたことがありませんか。

電気などの光熱費はかかりませんし、寝起きするだけなら十分なのかもしれません。部屋を借りるよりは安く済みますしね。
しかし、これは当然やってはいけないこと。はっきりと禁止事項として住んではいけないと書いている所は少ないですが、
動植物は預けられないとは記してあるはずですから、人ももちろんダメ、ですよね。

レンタル倉庫はあくまで物を預けられる場所です。
住宅ではありませんので、寝泊りに使うようなことはしないでください。

見つかれば、注意され何度も続く様であれば使用を禁止されるでしょう。
本来の用途にそって、使いやすいように利用してください。

レンタル倉庫関連

レンタル倉庫業者の行ってくれること

レンタル倉庫を借りるというと、長期間預けなければならないと思っている方もいるようですがそうでもないこともあります。
長期出張や家の増改築で荷物を一時的に預けたい場合などにも対応してくれます。

ここではそういったレンタル倉庫の利点を書いてみたいと思います。
レンタル倉庫は運送屋あるいは引越し業者や不動産屋が経営しているところも多く、
そのまま引越しの手配まで行ってくれたり、荷物の運び入れをしてくれるところもあります。

預けたものがいよいよ廃棄処分となった場合、その面倒な廃棄をレンタル倉庫運営側が行ってくれることもあります。
ダンボール一つから預けられるところもありますし、
ダンボールにいれた荷物を自宅から送るだけで預かってくれるところもあります。

自分の荷物量に合わせた広さを借りられるため、無駄スペースができることも少ないのです。
以上がレンタル倉庫の利点です。意外に色んな事を行ってくれるのです。上手く利用するととても便利なものなのです。

レンタル倉庫関連

レンタル倉庫に預ける前の準備

レンタル倉庫に預ける際の準備。詳しくみていこうと思います。

衣類・布団類は洗濯・日干しをし、衣装ケース・圧縮袋などにいれる。
怠るとカビや虫食いの発生に繋がります。冷蔵庫・洗濯機はしっかりと水気を取り、ホコリ避けのためカバーをかける。
ストーブは中身を空っぽに。そしてカバーをかける。テレビは液晶画面が傷つかないよう保護する
。上記のような地震などで倒れると破損が考えられる物は、動かないよう固定する。
小物類や書類などを入れるダンボールは新しいもの、良いものを使う
。使い古されたものは、カビや虫食いがしやすいのでご注意を。

レンタル倉庫から出し入れするのに苦労する重いものや大きいものはキャスター付台車などに乗せて保管しておくと、楽になります。
家具などはそのままレンタル倉庫に預けるとあっという間にいっぱいになってしまうので、
できるなら解体して幅を取らない形にしましょう。

湿気取りをレンタル倉庫内に置いておく、定期的に空気の入れ替えも大切なことです。

レンタル倉庫関連

レンタル倉庫に預けたものの管理

レンタル倉庫は普段の生活には不要なものを預けられるのでとても便利ですが、
要らないものが出てきたからと、そのまま預けてしまうとその物の状態が劣化してしまう恐れがあります。

定期的に取り出すものであれば、それも防げますが自宅以外のところに預けるくらい不要なものですから、
預けっ放しになることが多いです。家のクローゼットの中に着ないけど入れっぱなしの服があり、
出してみたら虫食っていたという経験はありませんか。それと同じ事が、レンタル倉庫内でも考えられます。

レンタル倉庫に預けるものの劣化を防ぐためにも、預ける際にちゃんと準備する必要があります。
面倒に感じるかもしれませんが、多くのレンタル倉庫は預けられた物品の劣化などまで保障はしてくれません。

あくまで、預かっているだけなのです。自分の物の管理は自分でしっかりと行うようにしましょう。
それが不安ならば設備が整っているレンタル倉庫を借りることをおすすめします。

レンタル倉庫関連

レンタル倉庫に預けられないもの

レンタル倉庫といっても、なんでも預けられるわけではありません。
安全性や他の利用者への迷惑なども考慮され、次のようなものは預けられない、レンタル倉庫が多いようです。
銃や刀などの銃器類。その他危険と判断できるもの。

灯油・ガソリン。灯油が入ったままのストーブ。
霜取りが行われていない冷蔵庫、乾ききっていない洗濯機。中に物が入ったままのタンスや家具類。
現金、印鑑などの貴重品類、宝石などの貴金属類。動植物、そのたナマモノ。腐敗の恐れがあるもの。

刺激臭などにおいが強いもの。レンタル倉庫の耐荷重量内に収まらないような重いもの。以上羅列してみました。
結構、預けられないなあと思った方がいるかもしれませんが、レンタル倉庫全てが上記のもの全てを禁止している訳ではありません。

それぞれで預けられるものが決まっていますから、自分が利用したいと思っているレンタル倉庫に確認をとってください。
誰もが安全に使用する為の禁止事項ですので、預ける際には注意してください。

レンタル倉庫関連

レンタル倉庫の価格帯

月々の支払いが安い場合もあると書きましたが、賃貸住宅や駐車場などと同じようにレンタル倉庫の価格にも地域差はあります。
都心などでは1万円以上がざらにありますが、安いところは3000円という所もあります。

私は+3000円で場所を借りれるのなら安いと思います。
安価なのに有人管理や倉庫管理をしっかりと行っている所もありますので、
荷物が多い人はまずは自宅近辺で検索して探してみるのもいいと思います。

日々の生活がしやすくなるのであれば、レンタル倉庫を利用するのはいい事だと思います。
部屋と同様レンタル倉庫にも広さがいろいろあります。

もちろん広くなればなるほど値段は高くなりますので、
自分が預けたい荷物の量にあわせて広さを決めるのが一番です。預ける荷物が小さいのばかりだったり、
少ないのに大きい場所を借りてもそれこそ無駄になりますので注意しましょう。

レンタル倉庫は上手く利用すればとてもいいものです。自分にとって本当に有効的なものか考えてみましょう。